フィナステリドとミノキシジル

フィナステリドとミノキシジルは
AGAを治療するに当たってはなくてはならないお薬です。

 

フィナステリド、ミノキシジル両方とも成分名ですので、
それぞれ商品名は、プロペシア、ロゲインというのが一般的です。

 

ミノキシジルについては日本ではリアップという製品が有名ですね。

 

ちなみにフィナステリドは飲み薬で、ミノキシジルは塗り薬です。
両方とも保険適用外なので、自費になります。

 

フィナステリドがジヒドロテストステロンの生成を抑える

AGAは、ジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンが
毛乳頭細胞内で髪の成長を妨げる働きをすることが原因で起こります。

 

ジヒドロテストステロンは
これまたややこしい名前の5αリダクターゼという酵素が
テストステロンという男性ホルモンに作用して生成されるのです。

 

フィナステリドは毛乳頭細胞に悪さをするジヒドロテストステロンの生成を
抑制するのですから、効果の期待度は大きいですね。

 

ミノキシジルは本当にAGAに効果があると言えるのか

タイトルが少し意味深ですが、
ミノキシジルが薄毛に対して効果があるのは間違いないのです。

 

問題はAGAに対して効果があると言えるのかということ。

 

管理人は几帳面な性格なので、そこが気になるのですが、
どういうことかと言いますと、
フィナステリドはAGAの原因となる悪玉男性ホルモンの
生成を抑制するわけですので、AGAに効果があるというのは間違いないです。

 

ではミノキシジルはどうかというと、
ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された成分で、
ご察しのとおり、血圧を下げることが本来の使われ方です。

 

高血圧の患者に試したところ、本来の目的以外に
発毛の症状が見られたので、別の用途で使われだしたという、
よくある話(フィナステリドも同じ)から、ロゲインなどの薬ができたわけです。

 

で、管理人的には血管拡張作用による頭皮の血流改善が育毛に効くから
すなわちAGAに効果あり、とするのはちょっと違うぞと思ったので、色々調べてみました。

 

するとミノキシジルが薄毛対策に効果を発揮しているのは
血流の改善よりも、毛乳頭細胞に直接働きかけ、
細胞の働きを活発にする部分であることが分かりました。

 

要するに悪玉男性ホルモンのせいで元気がなくなってしまった
毛乳頭細胞を元気にする作用があるということ。

 

これはミノキシジルがAGAに効くという言葉に偽りなし、と思った次第です。