女性でもAGAが原因で薄毛になるのか?

症例は男性に比べれば圧倒的に少ないのですが、
女性でもAGAが原因で薄毛になることがあります。

 

女性でも男性ホルモンが原因で薄毛になるっていうのが
何か不思議な感じがします。

 

ちなみに女性のAGAをFemale AGAを略してFAGAという場合があります。

 

ホルモンバランスが崩れると薄毛になりやすくなります

女性の場合、出産時とか更年期障害を患っているときに
薄毛になるとよく耳にします。

 

これは例えば産後であれば、甲状腺機能が低下することがあるらしく、
そうなると健康だったときと比べて、ホルモンバランスに変化を生じるわけです。

 

また、加齢などの理由で女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまって、
相対的に男性ホルモンの量が増える形になります。

 

女性の場合、このような時に薄毛になりやすいようです。

 

そして、このような場合、薄毛の直接的な原因が
悪玉男性ホルモンであることは間違いないようですが、
間接的な理由として、出産、更年期障害、ストレスなどで
本来のホルモンバランスが崩れてしまった
というきっかけがあるはずです。

 

女性のAGAの場合、薬が制限されます

女性がAGAと診断されても、男性の場合と治療内容が大きく異なります。

 

というのも、代表的な内服薬であるプロペシアは
女性には処方出来ないことになっているからです。

 

ですので、女性の薄毛治療としては、
HARG療法などの、有効成分を頭皮から注入するタイプの
治療方法がとられることが多いようです。

 

HARG療法に代表される治療方法は
男性、女性は関係なく有効な手段です。

 

さらにAGAだけではなく、円形脱毛症などにも有効な
治療法なので、髪のトラブルで悩んでいる人はクリニックなどで
よく相談するのが良いと思います。

 

ちなみに管理人の個人的な意見としては、
リーズナブルだから、という単純な理由で恐縮ですが、
薄毛で悩んでいる女性には銀クリさんの育毛メソセラピーをオススメしたいです。

 

まずはクリニックに行って相談してください

女性の場合、クリニックに行くだけでも勇気がいることかもしれませんが、
もし薄毛で悩んでいるのであれば、まずはクリニックに行ってカウンセリングを受けることです。

 

というのも、これは某クリニックに通院している知人から聞いた話なんですが、
カウンセリングを受けただけで、なんだかスッキリして薄毛の悩みについては
自己解決してしまう患者さんも少なくないとか。

 

まぁ、これは男性の話なんで、女性の場合、もっと深刻なのかも知れません。

 

でも専門家に聞いてもらうだけで、気持ちが落ち着くのは確かだと思います。

 

さらに女性の場合、上にも書きましたが、
何かきっかけがある場合が多く、
体調が回復したら、自然と薄毛も回復することも相当多いはずです。

 

そういう意味では、専門家に相談することで、
治療するほどでもないとか、産後にはよくあること、
みたいな結果が待っているかも知れません。