秋口に抜け毛が多くなる?

管理人が常日頃から思っている、『秋口に抜け毛が多くなる』ということについて
ちょっと書いてみたいと思います。

 

さて、いきなりですが、紫外線は基本的には人体には有害で、
可能な限り浴びない方がよいという風に認識しています。

 

とはいってもそれほど詳しく調べたわけではないし、
夏であれば多少浴びる方が、心身ともに健康的なのかもしれません。

 

ただし頭皮には確実に害があるようです。

 

例えば紫外線のキツイ時期に、日焼け止めも塗らず、
1日で腕が真っ赤になってしまった、
みたいなことは誰でも1度はあると思いますが、
これを頭皮にしてしまうのは致命的と言っていいでしょう。

 

ちょっとおおげさですが、少なくとも抜け毛を気にしているのであれば、
夏の紫外線は要注意です。

 

以下は髪の専門家に聞いた話です。

 

頭髪のことを気にもしていなかった人が一気に薄くなった

管理人の友人に美容師がおりまして、
その友人のお客さんで、薄毛とは無縁と思われた人が、
最近急に薄くなり始めた、という話を聞きました。

 

何かきっかけがあったのか聞いてみたところ、
その人は海釣りによく出かけるそうで、
本人いわく、紫外線を浴びすぎてしまったのではないか、とのこと。

 

実際の原因はちゃんと調べてみないとわからないのですが、
美容師の友人も紫外線には絶対気を付けた方がいい、と言っています。

 

夏の海や湖は水面に紫外線が反射するので、
紫外線量としてはハンパではない量となっています。
スキー場に行けば冬でもゴーグル焼けするくらいですから。

 

ですから本当ならば日中外を歩くときは、
帽子をかぶっていた方がいいと思っています。

 

頭皮が蒸れることが心配かもしれませんが、
汗をかいたら、少しの間帽子を脱いだらいいだけです。
紫外線を浴びない方がメリットがあるはずです。

 

紫外線での抜け毛は一過性のもの

実は某クリニックにAGA治療に通っている知り合いがいまして
紫外線について同じような疑問をしたことがあるとのことで、
答えはどのようなものか、聞いてみたところ、
『紫外線による抜け毛は一過性のもの』ということだそうです。

 

しかも結構ひどい日焼けの場合は、抜け毛の症状がみられることがある、
とのことですので、普段の生活で浴びる紫外線は
それほど気にしなくてもいいのかもしれません。

 

いずれにしても頭皮の状態が回復すれば、
また元気な髪の毛が生えてきてくれるようです。

 

ただし、これはもともと頭皮、頭髪ともに健康な人の場合であって、
例えば、薄毛に悩んでいる人が髪の毛を短くカットしていたとすると
(薄毛を本気で改善したいのであれば、
一旦髪の毛を短くカットすることは有効な手段だと思います)
紫外線は長いヘアスタイルに比べて頭皮に直接届くようになるので、
ダメージを受けやすくなります。

 

やはり薄毛で悩んでいる人は夏場の紫外線に要注意です!
日常生活で浴びてしまう分には問題ないですが、
間違っても夏のリゾートなどでガッツリ日焼けするほどの
紫外線を浴びるのだけは避けなければなりません!