遺伝子検査とは?

当サイトでは色々なクリニックを紹介していますが、
普段はそれぞれのクリニックの特長を理解するために調べたり、
勉強したりしています。

 

それで見つけたのが、銀座総合美容クリニックさんの
AGA遺伝子検査という検査です。

 

アンドロゲン受容体の感度をチェック

このAGA遺伝子検査で何を調べるのかというと、
アンドロゲン受容体の感受性を調べることになります。

 

AGAの原因となる遺伝の要素は色々ありますが、
最終的には、アンドロゲン受容体の数、
もしくはアンドロゲン受容体が
悪玉男性ホルモンの影響を受けやすいかどうか、
この辺りが一番AGAの原因となりうる要素になります。

 

アンドロゲン受容体が悪玉男性ホルモンの影響を受けにくく、
かつ、数も少ないというのが理想ですが、
この遺伝子検査では、アンドロゲン受容体がどれほど感受性がよいのか、
ということを検査するものです。

 

『感受性がよい』と表現しましたが、
感受性がよいということは薄毛になりやすいということになるので、お間違えなく。

 

検査結果を治療に活かす

最近薄毛が気になりだした人や、
クリニックで治療を受けているけど治療の内容が本当にあっているのか
疑問に思う人などは、この検査を受けてみるといいと思います。

 

検査費用は18,900円で、採血してから3週間後に結果が出ます。

 

検査だけでも受けることはできますが、
治療中の患者さんや、深刻に悩んでいる人が優先となります。
気になるのであれば、とりあえずは電話で聞いてみるのがいいと思います。

 

それで例えば、今はそこまで薄毛になっていない人が
この遺伝子検査を受けたとします。

 

検査の結果、遺伝子的に薄毛になる要素が多いと判断されたのであれば、
将来的にはプロペシアでの治療を行った方がよい、
といったような診断になるわけです。
私の私見が入っていますので、検査結果についての診療方針は
様々だとは思いますが、とにかく今後の治療にも大いに役立つますので、
一度受けてみたらスッキリするかもしれません。

 

AGA以外の薄毛について

男性の薄毛はほとんどがAGAであるということを書きました。

 

しかし、AGA以外でも脱毛症は存在します。

 

ここではAGA以外の脱毛症について、
詳しく説明したいと思います。

 

びまん型脱毛症

髪が部分的ではなく全体的に細くなり、ボリュームが減ってくる症状で、
女性型脱毛症とも言われます。

 

中年以降の女性に見られる症状で、
男性ホルモンの影響だけではなく、血行不良や栄養不足などが原因とされています。

 

当サイトで説明しているような、
ジヒドロテストステロンのせいで薄毛になるわけではないので、
プロペシアを服用しても症状は改善しません。

 

円形脱毛症

10円硬貨くらいの大きさで頭髪が抜け落ちる症状です。

 

本当に局所的で、ぱっと見た感じは薄毛には縁のないような人でも発症します。

 

ストレスがきっかけで免疫疾患を患うことが原因とされています。

 

この場合も、AGAとは原因が違うため、
プロペシアを服用しても症状は改善しません。

 

脂漏性脱毛症

様々な理由で毛穴から分泌される皮脂の量が過剰になることで、
毛穴に汚れがつまり脱毛の症状をまねきます。

 

皮脂の量が過剰になるのは、
肉中心の食生活、睡眠不足、ストレスなど、普段の生活習慣が原因の一つですが、
ジヒドロテストステロンが皮脂腺を刺激する作用も持っているとされているので、
それが原因で皮脂の過剰分泌につながっていることも考えられます。

 

症例数もかなり少ないようで、
明確な原因はまだわかっていません。