そもそもAGAってなに?

AGAは簡単に言えば男性特有の薄毛のことを指します。

 

男性型脱毛症(アンドロジェネリックアロペシア)と言い、
これの頭文字を取ってAGAと言っています。

 

なぜ男性型なのかというと、
男性ホルモンが原因の脱毛症でだからです。

 

男性ホルモンは思春期以降に多く分泌されますので、
症状としては20代から起こる場合が多く、
額の生え際が後退する場合と頭頂部が薄くなってくる場合が一般的ですが、
両方が一度に進行する場合もあります。

 

一般的に薄毛と思われる男性は、おおむねAGAに当てはまります。

 

薄毛の男性のほとんどがAGAというのはちょっと乱暴ですが、
薄毛を気にしている男性、つまり年齢的に禿げるには早いと思われる男性の場合、
AGAに当てはまると考えて間違いなさそうです。

 

AGAは全国で1000万人!そのうち8割の人が悩んでいる!

日本国内では1,000万人以上の人がAGAと言われていて、
そのうち8割以上の人はAGAを気にしているようです。

 

AGAの多くは男性で、海や温泉、雨の日など、
髪の毛が湿気でペタっとなりやすい場面で他人の視線、
特に女性の視線が気になるようです。

 

AGAの原因のほとんどは遺伝と言われていて、
遺伝だけに治すというのがかなり難しいです。

 

ただ、最近では医学も進歩してきていて、
AGA専門のクリニックなどもあり、治療を受けると50%以上の確率で改善することも珍しくありません。

 

なかでも最新技術のHARG治療は、
発毛率90%以上と言われていて、いまかなり注目の技術となっています。

 

多少高くついても、お医者さんで治療する人が増えている!

『AGAを発症する』という言い回しはいかにも病気のようですが、
健康面に関係なく遺伝で発症するものなので病気と言うと少し重たい感じがします。

 

ただ、AGAという脱毛症が認められてからは、
AGA治療専門のクリニックが多数できてきましたし、
普通の病院の皮膚科などでも観てもらうことが可能です。

 

どちらも医療保険が適用されませんので、
場合によっては高額になることもあります。

 

上でも書いた発毛率90%のHARG治療というのは、
効果は期待できますが総じて高額になってしまいます。

 

それでも、近年では「高くても薄毛が治る方がいい!」という人が増えていて、
薄毛を改善するために通院している人も増えています。

 

管理人的には普通の病院に行くよりも、
やはり圧倒的な実績がある美容クリニック系をおすすめしています。

 

90%以上の発毛率を誇るHARG治療に力を入れているのも、
美容クリニック系になります。

 

中にはHARG治療専門のクリニックもありますから、
やはりそういった専門の医院に観てもらう方が安心でしょう。